乳酸菌とビフィズス菌の違いは何ですか?

乳酸菌とビフィズス菌

善玉菌を代表する乳酸菌とビフィズス菌の違いについてお伝えします。

広義においてはビフィズス菌は乳酸菌の一種とされていますが、実は生物学的には違う特徴を持っています。

ビフィズス菌は人の腸内にすんでいる菌の中で、一番多くすんでいる善玉菌です。

腸内の善玉菌にはビフィズス菌のほかにも乳酸菌がすんでいますがその数は、ビフィズス菌の1~10兆に対して乳酸菌はその0.01%~1%程度なので圧倒的な差があります。

これはヒトだけに見られる特徴で、他の動物では乳酸菌の一種である乳酸桿菌が優勢です。

乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸のほかに、殺菌力の強い酢酸も作り出します。

ビフィズス菌 乳酸菌
形状  Y字型が多い 棒状や球状
数量 1兆~10兆 1億~1000億
生息 ヒトや動物の腸内 自然界
酸素 酸素があると生育不可 酸素があっても生育可能
産物 乳酸+酢酸 乳酸

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は学問的には「ビフィドバクテリウム属」に分類され、Yの字やVの字に分岐した形のものが多い菌です。

ちなみに「ビフィズス」は、ラテン語で“二又の”という意味の「ビフィドゥス」という語がもとになっています。

ヒト腸内にすんでいる善玉菌の99.9%はこのビフィズス菌になっています。

また腸内には100兆個単位の菌がすんでいますが、ビフィズス菌は1兆から10兆個すんでいると言われています。

ビフィズス菌はヒトや動物の腸内にすんでいる菌で、酸素があるところでは生息できません。

これを「偏性嫌気性」といいますが、この性質のために通常の自然界では生きていけない菌です。

ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と酢酸を生成するほか、意外な働きとして、ビタミンB群、ビタミンK、葉酸などをはじめとする色々な種類のビタミンを合成するという特徴があります。

ビタミンBはエネルギー代謝、ビタミンKは血液の凝固や骨の形成、葉酸はDNAなどの核酸の合成や赤血球の細胞の形成などに大きな関わりを持つ栄養素です。

ヒトの体に重要な働きを持つ栄養素を、腸内にすんでいるビフィズス菌が作ってくれるというわけですね。

また腸の蠕動運動を促進してくれるので、便通がスムーズになります。

腸内環境にビフィズス菌が多い方がお通じが良くなるということですね。

さてそのビフィズス菌の増やし方になりますが、そもそも腸内に1兆個以上すんでいるので、外から補うのは数が多すぎてなかなか難しいのです。

それならばビフィズス菌の大好物であるオリゴ糖を補給して、腸内にいるビフィズス菌を元気にするという方法があります。

オリゴ糖はリンゴ、バナナ、ブドウなどの果物や、玉ねぎ、キャベツ、ゴボウなどの野菜に含まれています。

食品ではオリゴ糖の含有量はそう多くはありませんが、食物繊維を多くとることができるので腸内環境の改善に役立ちます。

より効果を求めるならば、オリゴ糖のサプリメントなどを試してみるのもよいでしょう。

乳酸菌とは

乳酸菌は学問的には「ラクトバチルス属」(乳酸桿菌)や「ラクトコッカス属」(乳酸球菌)、ストレプトコッカス属(レンサ球菌属)など様々な種類があります。

ヒトの腸内では糖をエサに乳酸を生成して、腸内環境を酸性側に変えていく働きがあります。

酸性側の腸内環境では酸に弱い悪玉菌が増殖しにくくなり、結果としてビフィズス菌をはじめとする善玉菌が優勢に働けるようになります。

また乳酸菌にはヒトの免疫を活性化する役割があることが研究の結果わかってきました。

さらに免疫システムの“誤作動”によって引き起こされるアレルギーの緩和にも、乳酸菌が役立つと期待されています。

乳酸菌は酸素があっても生息できる性質(通性嫌気性)を持っていますので、自然界のいたるところにすんでいて、ヒトや動物の腸内のほかにも、牛乳・乳製品(動物性乳酸菌)、味噌・醤油・漬物などの発酵食品(植物性乳酸菌)などにも存在しています。

ヨーグルトと乳酸菌とビフィズス菌

一般的なヨーグルトにはサーモフィラス菌(腸球菌)やブルガリア菌(乳酸桿菌)、「カスピ海ヨーグルト」ではクレモリス菌(連鎖球菌)という乳酸菌で発酵させています。

一部のヨーグルトでは発酵させるときにビフィズス菌も加えていますが、ヨーグルト全部に入っているのではないのです。

ビフィズス菌も加えた方が整腸作用に効果的という研究結果が出ています。

どの乳酸菌が入ったヨーグルトが自分の腸内環境を改善してくれるのかは、人それぞれの相性によります。

また効果を感じるためには乳酸菌の数も重要な要素になりますので、1日当たり300gくらいのヨーグルトを毎日食べてみて、お通じの具合を見ながら“ヨーグルト(乳酸菌)との相性”を探ってみるとよいでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP