乳酸菌を効果的に摂るには

乳酸菌入りヨーグルト

善玉菌の代表選手・乳酸菌にはとてもたくさんの種類があります。

食べ物に含まれている炭水化物などから乳酸を作り出す菌を総じて”乳酸菌”と呼んでいるので、特定の菌の名前ではないのです。
人間の体では腸内にすんでいて、腸の中の腐敗を防いだり、便秘を予防する働きなどがよく知られているところです。

最近の研究では、免疫力アップの効果や、中性脂肪&血中コレステロールを抑制する働きがあることもわかってきました。

またその他にも、虫歯や歯周病の予防にも効果が見られています。
腸の中には乳酸菌をはじめとしたさまざまな菌が約100兆個以上もすんでいるので、たくさんの菌がいるさまをお花畑に例えて”腸内フローラ”と呼んでいます。

この腸内フローラ=腸内環境を良好な状態に保つには、なるべく多種類の乳酸菌を腸内に送り込むことが重要です。

それは人それぞれに相性の良い乳酸菌があるので、「この乳酸菌がいい!」とは一概に言えず、また腸の場所によっても生息できる乳酸菌が異なるので、色々な乳酸菌をとらなくてはなりません。

乳酸菌の数も必要ですが、種類も多く取ることが大事だということですね。
そして乳酸菌は腸内に長くとどまるわけではないので、毎日とり続けることが大切になります。

 
数、種類、そして毎日。

これを食べ物だけで乳酸菌をとろうと思うと、なかなか大変なことです。

だから多種多様な乳酸菌が配合されたサプリメントが、近ごろ注目されているわけですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP