善玉菌の種類とそのはたらき

一口に善玉菌と言っても多種多様にありますが、代表格と言えばやはりビフィズス菌と乳酸菌でしょう。

乳酸菌はチーズやヨーグルト、そして漬物などの発酵食品には欠かせない菌ですね。

乳酸菌には整腸作用、抗アレルギー作用などがあり、整腸剤やサプリメントにもよく配合されています。

乳酸菌にもフェカリス菌やブルガリア菌、サーモフィラス菌など、たくさんの種類があります。
味噌・醤油、酢・みりん、日本酒・甘酒などには麹菌です。

麹菌は食物の消化吸収を助け、うまみ成分を増やすはたらきがあります。
納豆の納豆菌は骨を丈夫にし、血液サラサラ効果が期待されています。
アルコールから酢酸を作る酢酸菌は、酢を作るためになくてはならない菌です。

疲労回復効果や血圧と血糖値を抑えるはたらきがあります。
和洋問わずお酒の製造やパン作りに酵母菌が使われます。

酵母菌には便秘解消や血糖値を抑える作用があります。
そして菌類である、シメジ、エノキ、マイタケ、エリンギなどのきのこは菌そのものです。

期待される効果には免疫力アップ、便秘の予防と解消、整腸作用、むくみ解消、ダイエット効果、美肌効果、夏バテ防止、二日酔い防止などがあげられます。

まさに腸内環境を整えることが健康と美容の増進に直結していることを表していますね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP