菌活のすすめ

ただ”菌”と聞くと、いわゆるバイキンが思い浮かびますが、菌の中にも人間にとって良い働きをするものと悪い働きをするものがあることはご承知のことでしょう。

日本人のソウルフードには欠かせない味噌や醤油は麹菌や酵母菌から、そして納豆や漬物などを作り出すためには納豆菌や乳酸菌は無くてはならないものです。

またパンやチーズ、ヨーグルト、そしてアルコール類なども菌の働きによって作られています。
そして今、体に良い働きをする”菌”をもっと積極的に食べようという取り組み、そしてさらに腸内に生息している”善玉菌”を元気にして腸内環境を整えようという取り組みが盛んになってきています。

それが「菌活」です。
食べ物で言えば代表的なものに「きのこ」があります。

きのこは分類としては植物でも動物でもない”菌類”で、まさに菌そのものでできている食品なのです。

最近では菌類に人間の免疫力を高めてくれる働きがあるとの期待が高まっており、また食物繊維が腸内環境を整えることで健康な体作りに役立つと言われていることから、日頃の食生活の中に積極的に取り入れたい食品のひとつとして注目されています。
またお腹の健康のためと言えばヨーグルトが定番ですね。

ヨーグルトに使われている菌ではビフィズス菌が有名ですが、その他にもブルガリア菌やガセリ菌などの乳酸菌があり、またそれぞれにも数多くの種類があります。
いずれにせよ菌は食べても時間の経過とともに体外に排出されるので、毎日続けて食べることが大切ですね。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP