乳酸菌飲料のおすすめは?乳酸菌によって効果が違う?

乳酸菌飲料

手軽に大量の乳酸菌を取ることができる飲み物があります。

それはヤクルトなどでおなじみの乳酸菌飲料です。

乳酸菌がたくさん入った食品と言えば、真っ先に思い浮かぶのはヨーグルトかもしれませんが、実は乳酸菌飲料のなかにはヨーグルト以上に乳酸菌が入ったものもあります。

数ある乳酸菌飲料の中で比較的に高い効果を得られるような、おすすめの乳酸菌飲料をお伝えします。

乳酸菌飲料とは?

乳酸菌飲料

まずは「乳酸菌飲料」という分類について簡単にお伝えしておきたいと思います。

乳酸菌飲料は厚生労働省の乳等省令(正式名:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)によって定められている食品です。

乳等省令では、ヨーグルトが属する「はっ酵乳」のほか、「乳製品乳酸菌飲料(生菌)」、「乳製品乳酸菌飲料(死菌)」、「乳酸菌飲料」に分類されています。

はっ酵乳が、

・無脂乳固形分(たんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなど) 8.0%以上
・1ml当たりの乳酸菌または酵母の数 1000万個以上

であるのに対して乳製品乳酸菌飲料では、

・無脂乳固形分3.0%以上

と定められています。

1ml当たりの乳酸菌または酵母の数は、生菌タイプがはっ酵乳と同じ1000万個以上で、死菌タイプ(殺菌してあるもの)には定めがありません。

そして乳酸菌飲料では、

・無脂乳固形分 3.0%未満
・1ml当たりの乳酸菌または酵母の数 100万個以上

となっています。

法律で定められた「乳酸菌飲料」にはこのような基準がありますが、これ以外にも乳酸菌を加えた「清涼飲料水」が乳性飲料などの名前で売られています。

効果のある乳酸菌飲料は?

ジッサイのところ、法的に乳酸菌飲料か清涼飲料水かはどっちでもよくて、大切なのは乳酸菌の入った飲料を飲んで効果があるのかないのかということですよね。

ひとつ問題となるのは、どの乳酸菌飲料に効果があるのかは人によって違うことです。

というのも腸内フローラ=腸内細菌叢、つまり腸内細菌の分布図は人によって違うために、効果のある乳酸菌も人によって違います。

ですから、どの乳酸菌飲料に効果があるのかどうかは、試しに飲んでみなければわかりません。

それもある程度の期間、2週間~3週間くらいは飲み続けてみる必要があるでしょう。

おすすめの乳酸菌飲料は?

カルピス

乳酸菌飲料といえば、真っ先に思い浮かぶのは何ですか?

カルピス?

ヤクルト?

日本で初めての乳酸菌飲料「カルピス」が発売されたのは1919年、「ヤクルト」は1935年、どちらも数十年の歴史があります。

その分どちらのメーカーでも、乳酸菌の研究も重ねられていて、それぞれに特徴のある乳酸菌が使われている商品もあります。

例えば「守る働く乳酸菌」は、カルピス由来の機能性乳酸菌「L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス L-92)」が配合された乳性飲料です。

L-92乳酸菌では、インフルエンザの予防効果や、花粉症やアトピーなどのアレルギーに対して有効性があるという試験結果が出ています。

また「届く強さの乳酸菌」は、「プレミアガセリ菌CP2305(ラクトバチルス・ガセり CP2305)」が1本の中に100億個入った機能性表示食品です。

プレミアガセリ菌CP2305は、腸内の腐敗物質を減らし、善玉菌を代表するビフィズス菌を増やしてくれる乳酸菌です。

さらに「カラダカルピス」では、体脂肪を減らす機能のある「Lactobacillus amylovorus(CP1563株)」が配合されました。

ダイエット向けの乳酸菌入り飲料まであるわけですが、カルピスブランドだけでも他にもまだ種類があります。

それに他社の商品も合わせれば、本当にたくさんの乳酸菌が使われた飲料が売られているので、目的に合わせて色々試してみることができるのです。

ヤクルト

「カルピス」がカルピスの中で増殖した多種の乳酸菌を研究し、それを多種の商品として開発しているのに対し、「ヤクルト」では「乳酸菌 シロタ株」と「ビフィズス菌」に特化して商品を開発している感があります。

代表するのは何と言ってもズバリ「Newヤクルト」。

乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)が入ったNewヤクルトは、消費者庁で有効性が認められた特定保健用食品(トクホ)です。

レギュラータイプの他に、乳酸菌が2倍の400億個入った「ヤクルト400」や、カロリー半分の「Newヤクルト カロリーハーフ」などのバリエーションもあります。

通常の「Newヤクルト」でも1本65mlの中に200億個の乳酸菌が入っていて、お値段はメーカー希望小売価格が40円(税別)なのでコスパ高いです。

この低価格のためかネットでの通販は見かけることがなく、あるのはヤクルトレディの宅配です。

ヤクルトの他にも「ジョア」や「ミルミル」などが昔からありますが、変わり種として胃で働くビフィズス菌「ビフィドバクテリウム ビフィダム Y株(B.ビフィダム Y株)」が入った「BF-1」があります。

普通のビフィズス菌は胃酸で死んでしまうのですが、B.ビフィダム Y株は生きて胃で働き、神経性胃炎やストレス改善に効果があるという研究結果が出ている独特なビフィズス菌です。

森永

マミー

生きてる乳酸菌が入った「マミー」は、人工甘味料不使用、ミルクカルシウムとビタミンD配合で、どちらかというと子どもの健康増進を意識して販売されているようです。

毎朝爽快

こちらは乳酸菌飲料とは言えないのですが、腸内のビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖の1種、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)が入っている清涼飲料水です。

元から腸内にすんでいる善玉菌を元気にする”プレバイオティクス”タイプになりますね。

伊藤園

朝のYoo フェカリス菌1000

1本の中に入っている乳酸菌の数は1000億個、そしてそのうち90%以上はフェカリス菌という小さな球状の乳酸菌です。

一度に大量の乳酸菌を取ることができ、また腸内のすみずみまで届きます。

カスピ海式 菌活乳酸菌

多くのの乳酸菌入り飲料は1種類の乳酸菌を使用していますが、「 菌活乳酸菌 」にはビフィズス菌、アシドフィルス菌、ブルガリクス菌、カゼイ菌、ヘルベティクス菌、クレモリス菌、ラクティス菌、サーモフィルス菌の全8種類の乳酸菌が入っています。

まるでドリンクタイプのサプリメントのようですね。

日清ヨーク

ピルクル

ラクトバチルス カゼイ(NY1301株) が65ml当たりに150億個以上入っている乳製品乳酸菌飲料です。

ヤクルトと同じようにトクホになっています。

サントリー

ビックル

4種類の乳酸菌で作られたはっ酵乳(≒ヨーグルト)を原材料にした乳性飲料です。

ビックル1本(280ml)の中にミルクオリゴ糖が290㎎入っています。

まとめ

乳酸菌には整腸効果のほかに、それぞれ固有の機能性をもったものがあります。

乳酸菌の種類と効能・効果

その中から目的にあった乳酸菌を選び、そしてその乳酸菌が入った飲料をピックアップします。

さらにその中から自分の体に合ったものを探し出すために、ひとつずつ気に入ったものから試しに2~3週間くらい飲み続けてみるといいですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP