腸内環境とストレスの関係

ストレス 腹痛

腸内環境はストレスを受けることで乱れることがあります。

ストレスを感じるのは脳のはずですが、腸にも影響が出てしまうのですね。

確かに、ストレスで胃がキリキリと痛くなったり、お腹がキューと痛くなったりすることは珍しいことではありません。

胃の場合には胃酸過多で胃炎や胃潰瘍になることもありますが、腸の場合は腸内環境の悪化を招いて色々な症状がでることがあります。

脳と腸の関係

腸は脳よりも先に誕生しました。

地球上に単細胞生物が生まれ、やがて多細胞生物に進化していったとき、初めてできた臓器は脳ではなく腸でした。

栄養を細胞内に取り込むことが優先なのはわかる気がしますね。

やがて腸は神経細胞を作り出しますが、この神経細胞の集まったものが一部独立して脳となりました。

このことからも脳と腸には大昔からの密接な関係があることがわかります。

現実に脳と腸との間には双方向のシグナル伝達機構が備わっていて、これが「脳腸相関」と呼ばれているものです。

緊張や不安、環境の変化など、ストレスによってお腹が痛くなったことはありませんか?

また、そのような状況が続くことで下痢や便秘を繰り返したり、あるいは肌荒れしたり、風邪をひきやすくなったことはありませんか?

ストレスと自律神経の関係

蠕動運動と自律神経

自律神経によって腸はコントロールされています。

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれますが、腸は副交感神経が働いているときに蠕動運動によってスムーズに動きます。

(蠕動運動 … 腸が収縮と弛緩をくり返して便を肛門へと運ぶ動き)

副交感神経が働いているとき=リラックスしているときということになりますから、ストレスを受けたときにはその反対の状況にあるということですね。

だから緊張などのストレスを感じているときには、腸はスムーズに動くことができずに便秘になってしまうことがあります。

また自律神経のバランスが崩れることにより、逆に腸が過剰に働いてしまうことで便を無理やり押し出そうとして、腸の中の圧力が高まってお腹が痛くなったり、十分に水分を吸収していない便=下痢になることもあります。

ストレスと腸内環境の関係

腸内環境の悪化

ストレスを受けた状態が長引くと、自律神経の乱れによる蠕動運動の異常や、消化液の分泌の低下によって腸内環境が乱れてきます。

腸内フローラの変化

腸内フローラ(腸内細菌叢さいきんそう)の腸内細菌の比率は、食生活や年齢などによって人それぞれなのですが、善玉菌が優勢な腸内フローラでは善玉菌がおよそ2割、悪玉菌が1割、そして日和見菌は7割というのが目安にです。

しかし乱れた食生活や冷え、加齢、そしてストレスによって腸内フローラの菌の構成が悪化してしまうことがわかっています。

アメリカやロシアの宇宙飛行士の腸内細菌の調査では、強い精神的ストレスがかかることによって乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌が減少し、大腸菌やウェルシュ菌など悪玉菌が増加することが認められました。

ストレスで下痢や便秘に

善玉菌の減少が悪玉菌優位の腸内環境を作り出し、悪玉菌によって有害物質が生成されます

有害物質の影響により下痢や便秘になり、それが肌荒れや体臭・口臭の悪化をも引き起こすことにつながります。

また免疫システムにも悪影響を及ぼし、免疫力が下がる原因にもなります。

腸内環境とセロトニン

神経伝達物質のセロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンには心を安定させる働きがあるので、セロトニンが不足するとイライラしたり、不安や恐怖などのマイナスの感情が起きやすくなります。

実は体内のセロトニンの90%は腸内にあるのですが、腸で作られたセロトニンが脳に行ったり使われたりするわけではないのです。

しかしトリプトファンという必須アミノ酸がセロトニンの材料となるのは腸でも脳でも同じこと。

トリプトファンが腸からしっかり吸収されるために、腸内環境が整っていなければなりません。

さらにトリプトファンが脳内でセロトニンに合成されるときには、ビタミンB6が必要になります。

ビタミンB6はカツオやマグロ、レバー、バナナなどに含まれていますが、実は腸内細菌によっても作られているのです。

セロトニンが脳内で作られるために、腸内環境がいかに大切かということがわかりますね。

ちなみにトリプトファンが多く含まれている食べ物は、魚や肉、豆類など。

量は少なめですがバナナにも含まれているので、トリプトファン、ビタミンB6、そしてオリゴ糖の補給ができます。

オリゴ糖は善玉菌のエネルギー源になり、腸内環境にとってプラスになるのでピッタリの食べ物ですね。

ストレス改善と乳酸菌

数ある乳酸菌の中には、脳腸相関に働きかけてストレス症状の改善に役立つとされる乳酸菌があります。

それがラクトバチルス・ガセリ CP2305株、通称「C-23ガセリ菌」です。

研究報告によると、ストレスによる不安、不眠、そして便秘や下痢を改善するという結果が出ています。

ストレスがかかったときに多く分泌されるストレスホルモンを抑制することで、ストレス感受性の調整=ストレス感を和らげる効果と、乱れた自律神経を正常にするという働きがあることが確認されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ココカラケア 乳酸菌 ≪公式≫ 60粒パウチ C-23ガセリ菌 C23 c23 …
価格:2210円(税込、送料別) (2017/6/23時点)

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP