トランス脂肪酸が危険だという理由は?危険性は高いの?腸への影響は?

マーガリン

人間の体にとって必要な三大栄養素は炭水化物、たんぱく質、脂質です。

その割には炭水化物抜きダイエットとか、悪玉コレステロールにトランス脂肪酸が危険とか、どうもネガティブな話題に出てくることが多いように思います。

特にトランス脂肪酸については「アメリカでは使用禁止になる」などと一部で報じられたこともあって、その危険性への注目度がアップしていますが、ネット上の記事中には不正確な情報もありました。

今回は話題のトランス脂肪酸が危険だという理由や、腸でどうなるかなどについてお伝えします。

トランス脂肪酸はアメリカで禁止になる?

ちなみに、トランス脂肪酸がアメリカで2018年から使用禁止になるという表現は正確でなくて、正しくはトランス脂肪酸が多く含まれている部分水素添加油脂を、食品に使用するときにはFDA(米国食品医薬品庁)の承認が必要という規制です。

結局同じことじゃないかと思われるかもしれませんが、実はトランス脂肪酸は自然界にも存在していて、そちらのほうは今回の規制対象になっていません。

それはさておき、まずはどうしてトランス脂肪酸というものが生まれたのかについて確認しておきます。

トランス脂肪酸が含まれていることで問題視されているマーガリン・ショートニングが製造されるようになる前は、バターやラードなどの動物性脂肪が使われていました。

動物性脂肪は飽和脂肪酸という常温で固体の油脂を多く含んでいます。

その飽和脂肪酸の取りすぎによって中性脂肪やコレステロールが増えて、動脈硬化の原因になると言われたために、不飽和脂肪酸という常温で液体の油脂を多く含む植物油への転換が進められるようになりました。

ところが常温で液体、そして酸化しやすいという性質が扱いにくかったために、化学的に処理することで常温で固体、酸化しにくいので保存もきくマーガリン・ショートニングが開発されたのです。

健康と保存性の向上のために作られたマーガリン・ショートニングでしたが、植物油に水素を添加するという化学処理の副産物として、トランス脂肪酸が生まれてしまいました。

トランス脂肪酸と都市伝説

さて、トランス脂肪酸にまつわるネット情報で多く見かけるのは、

・自然界には存在しない

・食べるプラスチックだから分解できない

・イビツな脂肪酸

などの表現がありますが、いかがなものでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。

自然界には存在しない

先ほども述べましたが、生物由来のトランス脂肪酸は存在します。

牛や羊などの反芻動物では胃の中にいる微生物の酵素によって不飽和脂肪酸の水素添加が行われ、その際にわずかながらトランス脂肪酸が作られます。

量は少ないのですが、自然界にも存在する脂肪酸です。

食べるプラスチックだから分解できない

トランス脂肪酸はオイルをプラスチック化したものだから分解しにくい(できない)と書かれているのを見ることがあります。

まず、英語のプラスチック(plastic)には、粘土のように自由に変形できる「可塑性の」という形容詞としての意味があります。

マーガリン・ショートニングの「オイルをプラスチック化」というのは、液体の油に可塑性をもたせたという意味の方だと思われます。

日本でプラスチックと言えば、ペットボトルなどに使われるプラスチック(樹脂)のことを指すのが普通ですが、そっちではありません。

それから、トランス脂肪酸は他の脂肪酸と同じように、普通に胃腸で消化されて吸収されます。

吸収された後もトランス脂肪酸だけが体に蓄積されることもなく、最終的にはエネルギー源となります。

参照:「トランス脂肪酸」ファクトシート – 食品安全委員会

イビツな脂肪酸

いびつ、漢字で書くと歪、または飯櫃と書きます。

物の形がゆがんでいることを意味していますが、分子の構造がゆがんでいるとのはどういったことを指しているのでしょうか。

シス型とトランス型
食品総合研究所 :トランス脂肪酸より

トランス脂肪酸は毒なのか

トランス脂肪酸に関しては、どうもイメージ先行と言いますか、あまりにも有害性が強調され過ぎているのではないでしょうか。

もちろん、だからと言って安全だというわけでありません。

現時点での研究結果からは、できるだけ避けた方が良い油ということになります。

ただ心配されるのは、かつて動物性脂肪=コレステロールというイメージで、植物油への切り換えを進めたことで今に至ったように、トランス脂肪酸(を含む水素添加植物油)の代替油に一気に偏ってしまうことです。

偏った油の取り方にはリスクがあり、健康的なイメージのあるオリーブ油でも、取りすぎれば脳卒中を促進する作用と、大腸がんの発がんを促進する作用があることが報告されています。

インスタントラーメンやスナック菓子、アイスクリームなど加工食品によく使われているパーム油も大腸発がんを促進することが指摘されている油です。

今、「油脂栄養」分野の研究の進歩は目覚ましく、昔ながらの常識が通用しないことが出てきました。

水素添加植物油についても、油に水素を添加したトランス脂肪酸よりも、油の中に含まれている微量成分の水素添加物のほうが有害な場合があるのです。

水素を添加していない普通の植物性の食用油にも、まだわかっていない有害な微量成分が含まれている可能性があるとの報告もあります。

それならばむしろ、少なくとも心疾患やがん、アレルギー、神経症などに対しては、反芻動物由来の動物性脂肪(ミルク、バター、牛肉など)のほうがましだといえるのです。

まとめ

トランス脂肪酸が心疾患のリスクを高めると言われていますが、動物性脂肪よりも悪いというはっきりした根拠は明らかにされていません。

水素を添加した植物油にはトランス脂肪酸のほかにも微量の成分が含まれていて、動物実験では寿命を縮めたり内分泌かく乱作用を示したりする研究結果が出ているので、可能な限り避けた方が良いでしょう。

しかし日本で一般的に使われている食用油ではリノール酸の取りすぎになりやすく、また有害な微量成分を含んでいる場合もあるので、マーガリン・ショートニングの代わりにはしない方がいいです。

それくらいなら動物性脂肪を適度にとったほうが安全性が高くなります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP