インフルエンザへの乳酸菌の効果を知っていますか?

calendar

乳酸菌

インフルエンザの予防に対する乳酸菌の効果が、様々な研究の結果報告で認められています。

インフルエンザの予防と言えば、インフルエンザワクチンによる予防接種が一般的に知られていますが、大流行が予想されるとワクチンが不足したり、接種してもインフルエンザの型が違えば効果がなかったりと、少なくとも予防接種だけでは万全とは言えません。

やはり免疫力を高めておいてインフルエンザウイルスの感染を防ぎ、たとえ感染しても軽症で済むようにしておきたいものです。

免疫力を高めるためには、免疫細胞の多くが集中する腸の健康状態がカギを握っています。

そこで注目されているのが「乳酸菌」です。

今回はインフルエンザに対する乳酸菌の効果についてお伝えします。

乳酸菌が持つインフルエンザの予防効果とは

予防

 

乳酸菌入りヨーグルトに驚きの効果?

テレビなどのメディアでも紹介され、インフルエンザを予防する効果が期待できるとして有名になったのが、明治のR-1乳酸菌(乳酸菌1073R-1株、ブルガリア菌のひとつ)入りのヨーグルトです。

もちろん医薬品ではないので「インフルエンザを予防する」とはどこにも書かれていませんが、例えば佐賀県有田町で行われた調査では、小中学生のインフルエンザ(A、B、新型)の累積感染率が周辺の地域と比べて低かったことが報告されています。

また、神奈川県内の特別養護老人ホームで行われた調査でも、インフルエンザウイルスに対抗する免疫抗体が増強されたという結果が出ました。

この他にもヒト、マウス、それぞれの研究でインフルエンザの予防や、インフルエンザワクチンの効果を高める可能性があるという調査結果が出ています。

乳酸菌1073R-1株試験結果 | 明治ヨーグルトライブラリー

 

免疫力を高める効果がインフルエンザ対策に

乳酸菌と言えば、まずは整腸作用が思い浮かびますが、実は免疫力のもととなる免疫細胞の活性化にも大きな影響を与えます。

それは乳酸菌によって腸管の免疫細胞が刺激を受けて活発になり、その結果免疫力が向上することでインフルエンザウイルスに対する抵抗力も向上するということです。

腸と免疫力の関係については↓の記事でお伝えしています。

腸内で免疫細胞の70%が作られるということは…

 

生きた乳酸菌でなくても効果あり

よくヨーグルトの宣伝文句に「乳酸菌が生きたまま届く!」というものがありますが、免疫システムが乳酸菌に反応するのは、あくまで菌体に反応すると考えられているので、インフルエンザ予防のためには菌が生きているか死んでいるかは気にしなくてもいいことになります。

そもそも外部から取り入れた乳酸菌は長く腸内にとどまることができないので、毎日継続的に乳酸菌を腸内に送り込むことが大切です。

また死んだ菌体は免疫システムを刺激するだけではなく、その成分が腸内にすんでいる善玉菌のエサにもなり、善玉菌を増やすことにもつながります。

各メーカーのインフルエンザ予防効果の研究

ヨーグルト

インフルエンザへに対する乳酸菌の効果などについての研究をしているのは、もちろんR-1の明治だけではありません。

各社それぞれに別な種類の乳酸菌を使い、独自の角度から研究をすすめています。

 

明治1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトにはNK活性増強効果

「ブルガリア人にご長寿の人が多いのはヨーグルトが関係している」

というところから明治の乳酸菌の研究は始まりました。

乳酸菌が免疫力を高めるのなら、ヨーグルトを作るときに使う乳酸菌の一種・ブルガリア菌の中で、一番効果が高い乳酸菌を探した結果が1073R-1乳酸菌だったのです。

1073R-1乳酸菌には、インフルエンザウイルスに感染した細胞を見つけ次第破壊する免疫細胞・NK(ナチュラルキラー)細胞の働きを高めるNK活性増強効果があることが研究の結果わかりました。

 

ハウスウェルネルフーズは乳酸菌L-137を加熱殺菌

生きた菌を腸まで届けるプロバイオティクスがCMなどでも目につきますが、あえて加熱処理して乳酸菌を殺菌する方法を採用しているのが、ハウスウェルネルフーズの乳酸菌HK L-137です。

東南アジアにルーツをもつ、魚とご飯を乳酸菌で発酵させた保存食”なれずし”から発見された乳酸菌L-137は、整腸作用よりも免疫力を高める作用が注目されました。

さらに乳酸菌L-137を加熱殺菌して、HK(Heat Killed)L-137にすることで、生菌よりも安定して強力な免疫力向上作用をもたらすことがわかったのです。

⇒ ハウス食品グループ「ラクトプランL-137」

 

カルピス社によるカルピス由来のL-92乳酸菌

知らない人はたぶんいないと思います。

100年近く昔からある乳酸菌飲料の「カルピス」。

カルピスの研究をすすめていくなかで発見されたL-92乳酸菌には、花粉症やアレルギー性鼻炎、そしてアトピーの症状を緩和する力があることは以前から知られていました。

さらに研究をすすめた結果、L-92乳酸菌にウイルスの感染力を低下させる働きがあるということがわかってきたのです。

しかも、体内に侵入してきたインフルエンザウイルスを撃退するNK細胞を活性化する働きのほかに、ウイルスの侵入口となる目・鼻・口などの粘膜でウイルスや細菌の侵入を防ぐ「IgA抗体」という免疫物質の分泌を促す働きがあることもわかりました。

L-92乳酸菌の摂取によって、体の表面と内部の2段構えでインフルエンザの感染を防御する効果があると考えられています。

 

キリンのプラズマ乳酸菌

免疫の根本を強くして風邪やインフルエンザのリスクを低減するというのが、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究を行っているプラズマ乳酸菌です。

免疫力を高めて感染リスクを下げる効果があるというところまでは他の乳酸菌と同じですが、一般的な乳酸菌が主にNK細胞を活性化させるということに対し、プラズマ乳酸菌の場合は他の免疫細胞であるキラーT細胞・ヘルパーT細胞やB細胞も活性化させるという研究結果が出ています。

プラズマ乳酸菌の免疫増強効果について

まとめ

一口に乳酸菌と言ってもとてもたくさんの種類があり、またそれぞれが持っている独特の効果について研究が進められているところです。

大きく分けると便通を良くして腸内環境を整える整腸作用と、免疫システムを改善することによるインフルエンザや細菌感染の予防とアレルギー改善効果などがあります。

インフルエンザの流行時期に人ごみの中に入れば、ウイルスとの遭遇もまず避けられません。

それでも、みんながみんなインフルエンザを発症するわけではないですよね。

発症するかしないか、発症しても軽く済むかどうかは、いかに体の免疫細胞を活性化して抵抗力を高めておくかにかかっています。

そのためには毎日コツコツと乳酸菌を取り続けることが大切です。

⇒ 乳酸菌という新習慣「ラクトプランL-137」